五輪塔の構成

五輪塔

五輪塔

五輪塔は主に供養塔や墓塔として建てられます。

その形は上から空・風・火・水・地の五大を表し、この五大が宇宙にある一切の物質を構成するという密教の五大思想に基づいて形作られています。
日本では平安時代後期頃から建てられています。木製の卒塔婆にもこの形が使われています。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone