石塔の主な構成

三段石塔

石塔

棹石 【○○家之墓】と文字を彫ることが多いですが、お戒名(夫婦墓)やご供養の文言を彫刻もします。
上台 家紋を彫刻することもあります。
中台 最も大きな石です。棹・上台・中台までを一般的に三段墓と言います。
芝台 元々は地面と接し文字通り芝に隠れるような土台の役割のあった台石です。
水鉢 お水をお供えするためにくぼみがついています。
香炉 お線香をお供えするところです。
花立 お花をお供えし飾る筒状の石です。ステンレスの花筒とセットになっていることが多いです。
拝石 納骨堂と外の世界を区切る石です。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone