岩石とは?

岩石は地球上のあらゆるところにあります。高い山の上にも海や川の底にも、南極の氷の下にも、そして身近な家の庭にも岩石はあります岩石の種類は様々で、何から出来ているのか、またどういった状況で出来たかによって種類が決まります。岩石はその出来かたの違いから下の3種類に分類することが出来ます。

  1. 火成岩  溶岩が冷えて固まった岩石
  2. 堆積岩  造岩鉱物が風や水に運ばれて積もって固まった岩石
  3. 変成岩  上記二つの岩石が地中の熱や圧力によって変化した岩石

岩石は鉱物という天然の物質から出来ています。地球上には4200種類以上の鉱物が発見されていますが、岩石の中に含まれているのはそのなかでも60種類ほど(造岩鉱物と呼びます)にすぎません。それ以外の鉱物が含まれていることはごく稀です。上の岩石を作り出す造岩鉱物は主に下の8つのグループに分けることが出来ます。

元素鉱物 金・銀・銅・プラチナ・ダイアモンド・硫黄・石墨など
ケイ酸塩鉱物 石英・長石・雲母・かんらん石・輝石・ガーネット・トルマリン・トパーズなど
酸化鉱物 赤鉄鉱(ヘマタイト)・磁鉄鉱・ルビー・サファイヤなど
硫化鉱物 黄鉄鉱・方鉛鉱・辰砂・黄銅鉱など
硫酸塩鉱物 石膏・硬石膏・しゃ利塩など
ハロゲン化鉱物 岩塩・蛍石など
炭酸塩鉱物 方解石・孔雀石・藍銅鉱など
リン酸塩鉱物 りん灰石・トルコ石・など

そして、その鉱物はおおむね下の8つの元素から出来ています。

  1. 酸素
  2. ケイ素
  3. アルミニウム
  4. カルシウム
  5. ナトリウム
  6. カリウム
  7. マグネシウム
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone