月別アーカイブ: 2007年9月

新首相誕生と前首相の会見と

彼女がラジオをやっている時からファンの七尾藍佳さんのブログ記事をご紹介します。

【安倍首相会見 見てはいけない何かを見てしまった…?】

テーマ:政治

今日の安倍首相の慶應病院での会見を、取材から戻った日テレで見て思ったこと、それは、これは、本来見てはいけないものを私たちは見てしまっているな、ということでした。
かつて、一国の長の座にまで上り詰めた人が、これほど酷い形で、その哀しい姿を万人にさらした、もしくはさらされた、ことがあっただろうか、と。
辞任のタイミングを自ら「最悪だった」と称されてしまっては、もはや何もいう言葉がありません(´・ω・`)…

かわいそう、というより、むごいなぁ、、、と。

どこかの社説かなにかに書いてあったんだけど、結局、このような形で政権を投げ出してしまうような弱い人間、というよりも、政治の荒波に耐えられず倒れてしまうような経験のない「未熟」な個人を、ただ「若くて、行動力がありそう」というイメージだけで、「選挙で戦えそう」だ、という安易な動機で首相にまで押し上げてしまった自民党と、持ち上げた一部のメディアのその無責任さこそ問われるべきだ、という論調でした。

今回の福田総裁による党三役人事で、早くも党内からは、

「露骨な派閥の領袖政治による論功行賞、これで選挙は戦えない」

という声が上がっているそうです。当然、反福田派、から挙げられている声だから否定的にはなりますが、ここにいくつか今の自民党の矛盾が隠されているように思います。
つまり、今回の人事(と福田総裁)にかなり表立って批判的な人は、安倍→麻生ラインを支持する人。でも安倍総理の人事は、それこそ「露骨な論功行賞」と言われていました。安倍さんを総裁にするのに尽力した人が厚遇され、ライバルとなった谷垣派などが、それこそ「露骨に」冷遇されました。

でも安倍政権のときはそんなに反論は表立って出てこなかった。
つまり、こういった批判の声を上げる人は、風向きが変わればいくらでも言っていることが変わるんだと思います。

本音の本音は、「これでは選挙は戦えない」という後半部分にあるはず。

かつてのように、お金と組織に頼っても大して票にならない、という現実があるなか、やはり「テレビ的にキャッチーな人」の人気にあやかりたい、という流れができてしまう。

今日の安倍総理の病院会見を見て思ったことのもうひとつは、私たちに見せ付けられているこの哀しいライブ映像の責任の一端は、私たち自身にもあるのだ、ということです。
たしかにフレッシュに見えた。名門の出で、お坊ちゃまで、でもちょっとコワモテの部分もあって。高らかに小泉改革の継承者を主張し、もっともそれらしき人物に見えた安倍首相。

でも、なかには気づいていたひともたくさんいたはず。
危ないよ、、、って。
きっと、小泉政権の影の部分が噴出して、つぶされちゃうよ、、、って。

なのに、改革と逆行するようなふるいタイプの政治家ばっかりでまわりを固めちゃって、大丈夫???って。
思ってた人、たくさんいるはず。声を出したのかな?多分出していたと思う。でも、彼等の声に耳を傾けない人が、多かった。

何かに夢をたくしたかったのかな。ほんのちょっとでも夢をみたかったのかな。
有権者ひとりひとりが、考えるべき問題だとおもいました。
なぜ、安倍総理は、あのような姿で、あのような会見を、おこなうハメにおちいったのか?ということを。

以上、記事消滅の危険回避のため全文を引用させていただきました。

この人、とっても柔らかくなって読み易く受け入れやすい言葉で文章を書いてくれるようになりました。親近感が増します。テレビに出るようになって変わったのかな?

自分が言葉に出来なくても、こうやってとっても近い考えを文章で発表してくれる人がいて小さな幸せを感じると共に何かうまく表せない気持ちが持ち上がってきます。。。
今回の総裁選は大変な興味を持って、報道を見ていました。主にテレビで。テレビの論客は組閣のサプライズばかりを気にしていて「なんだかなぁ?」に見える事もしばしばでした。

政治に興味を持ち始めた30歳の初秋です。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

じてんしゃ図書館

昨日、じてんしゃ図書館の館長土居一洋さんにお会いしました。
偶然です。
ボーリング大会の席でご一緒したのですが、最初はその出で立ちに驚きました。着物なのです。ボーリング場なのに。。そして下駄。
ちゃんと靴下も用意してきて、周到なご様子。「お主、抜かりないな。」とでも言いそうでしたが、初対面の方にできるツッコミではないと判断し、グッとこらえました。

我が家は毎朝、【めざましテレビ】でニュースをチェックしていますが、以前そこで彼が紹介されていた事と一致しボンヤリ覚えていた記憶が甦りました。

詳しくはHPをご覧ください。

コチラです。
じてんしゃ図書館

百年の愚行百年の愚行

さっき、早速【百年の愚行】を注文しました。はやく届かないかな。楽しみだな。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

4ヶ月の長い夏

昨日、およそ4ヶ月の長い間訓練を重ねてきた地域災害ボランティアの競技大会が終了しました。

各グループ2チーム出場で計6チームの大会です。
結果はなんと優勝。嬉しい限り。
さらに準優勝も同じグループのチームだったので1,2フィニッシュということです。
更に更に、5人で1チーム組むのですが各ポジション別に最優秀賞が選ばれるんですね。(要するにオールスターチームを選ぶわけね。)その最優秀賞も私たちのグループの4人が獲得してしまったのです。
過去の実績から見ても現行のグループ設立以来初のオドロキモモノキ結果だそうです。

実は、私は一昨年と昨年の二年連続で最優秀賞をいただいておりました。
一昨年は初めてその競技へ参加するに当たって、何もかもが始めて習うことで無我夢中でした。かなりのラッキーボーイでした。あまり憶えていません。
昨年は、上位大会への出場があってそのチームで猛烈な訓練をしておりましたので逆に取れないと応援いただいている皆様に顔向けできない感じもあり、頑張りました。
そして、それを踏まえての今年でした。
何としても欲しかった最優秀賞は、同じグループのもう一つのチーム(準優勝したチームね。)で同じポジションのT君が取りました。

今年の競技大会に向けて自分のなかで、かなりの訓練をつんだ去年のテンションをもう一度復活させることは不可能だと判断しました。
そして二年連続で最優秀賞を取れた驕りがどうしても出てしまうんじゃないかという葛藤と自分に課した課題をクリアできる実績を作りたいという考えがありました。

しかし、なかなか勝負の神様は厳しいですね。

来年に向けてまた頑張ります。

その4ヶ月は長い夏だったと言えるかもしれません。
所属する地域経済団体の行事も含めて、凝縮された4ヶ月でした。
初夏にあったイベント、真夏のお祭り、そして昨日の競技大会。

どの行事をとっても準備や設営、そして実施した後の結果がついてきます。

だいたい週の4日くらいは何かしらの用事で夜、家を空けていたように思います。妻leafのストレスもピークです。いつか何かが起きるかもしれません。コワイナ。。。

まだ、もう少し行事があるんだよね…。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

査定

昨日、4年間乗っていた愛車を手放しました。売りました。振込みはまだですが。。
まだ私が前の職場に居たときに、何気なく業界関係の雑誌を見ていたときに目に飛び込んできた広告に目を奪われました。
その車は事業部ごと売られて、違う会社から新しいシリーズとして新発売されたという広告で鮮烈な?デビューだったようです。
これぞ一目惚れ。。。

「あ~、ホシイかもなぁ。」なんて思っているうちにドンドン欲しくなって来ました。

でも、先輩からのアドバイスで新発売の車は不具合がでるから少なくとも一年は待ったほうがいいとのことでそのとき買うことは止めました。

それから一年して、発売一周年モデルが売り出されたとの事。案内のDMを見て直ぐにあのときの気持ちがよみがえってきました。
「ホシイカモ。ホシイカモ。。」と次の休みの日に見にいきました。

一周年モデルは全国で200台の販売で私の県では4台のみの販売だそうです。非売品や限定品が好きな私としては唾をつけずには、いられませんでした。しかも新色のベージュっぽい白がカッコいいんです。「じゃ、コレヲ。。。」とソッコーで予約しちゃいました。

生まれて初めて、自分から欲しいと思った車を買ったのはそのときが最初で、もしかしたら最後かもしれません。

思い出の遠出はお友達の結婚式で滋賀県へ。その時の記事はコチラ

妻leafがまだ彼女だったときにもアチコチ出かけました。
チャイルドシートが付かないのでナガオーは乗らずにサヨナラしてしまいました。

でも、あんまり寂しいとか思わないんですよねぇ。引き取りに来た営業の人も「なんだか寂しくないですか?」とか聞いてきたけど、ちっとも思いませんでした。愛着があまりないのかな。。
それから査定は【価格.COM】のまとめて見積りをしてくれるサイトに登録したのですが、入力が終わってすぐに電話がかかってきてビックリしました。ホントにすぐ。
感じのいい人、悪い人。いろんな人が世の中にはいるんですね。
そんななかでも最悪だったのが、最大手かな?ガ●バー。ここの人が一番バカでした。あまりにもバカであきれてしまいます。
しかも一番、時間掛けやがって。2時間近く茶番劇を見せてくれました。会社と電話したり、ショーモナイつまらない話をしたり。。
ま、ちょっとその茶番が昔の自分にダブったりして。。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone