月別アーカイブ: 2007年11月

公園へ行こう

公園にて1

公園にて1

公園にて2

公園にて2

ある日、我が子ナガオーは近所の割と大きな公園へ出かけました。いつも、父ナガコーが地元経済団体のイベントで出没している公園です。


公園にて3

公園にて3

そこには大きな貯水池があり、ガチョウなどの鳥や魚が泳いでいます。ナガオーはそんな動物たちを見ると興奮して声を出します。その声に反応して動物たちも慌てて逃げていきます。
手に持っているのは最近のお気に入りで、妻leafの実家で見つけてきた犬のぬいぐるみです。どこへ行くのにも一緒です。モチロン寝る時も。でも、色んなところへ連れ出されてはたまに地面や水たまりへ置かれるので、けっこう頻繁に洗濯されています。

公園にて4

公園にて4

そんなナガオーが人生で初めて一人での滑り台に挑戦です。結果はごらんの通り。着地に失敗スッテンコロリン。
この公園には県の形をした噴水があります。時々大きく水があがり、それにも大興奮です。そんなある日の彼でした。

公園にて5

公園にて5

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

有機ELテレビ

夢の超薄型有機ELテレビ。ソニー「XEL-1」を試す
-鮮烈な色/コントラスト表現の“次世代”感

有機ELテレビ

有機ELテレビ

12月1日発売

標準価格:20万円

1月のCESで初披露され、10月1日に正式発表されたソニーの有機ELテレビ「XEL-1」。世界で初めて販売される有機ELテレビであり、また、最薄部が3mmという未来的な本体デザインなどが注目され、CEATEC JAPAN 2007でも目玉展示の一つとなっていた。

価格は20万円と同サイズの他方式のテレビとは比べ物にならないほど高価だが、ついに“実用化”される有機ELテレビという技術的な側面、そして驚異的な薄型というテレビの新しい潮流の先駆けとして、今シーズンの最注目製品の一つといえる。

その薄さなどは、確かに“次世代”を感じさせるものだが、機能的には「シンプルなテレビ」でもある、今回短期間ではあるものの、新有機ELテレビ「XEL-1」をお借りできたので、その使用感を紹介する。

だそうです。
有機ELがいよいよテレビとして発売です。
所ジョージの番組でこれを実用化するために必要な白色だったかな?を発明した人をたまたまみたことがあります。
ちょっと欲しいです。でも11型じゃぁ小さいな。大きいのが出ないかな。いつかな。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

画伯誕生

ナガオー画伯作品No.1

ナガオー画伯作品No.1

我が子ナガオーが初めて絵を描きました。
何か描けるものを持って、手を動かしただけとも言えますが記録に残る跡を残しました。記念にパチリ。

私は絵がドヘタなので、子供には上手になってもらいたいと願うパパ二年生でした。。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

バタバタの余韻

何故か、まだ忙しない日々を送っております。余韻だろうか。。。
寝てる時間はあるから、誰かに怒られちゃいそうだけどなんだか忙しい気がしています。

いくつかネタがあるんだけど、少ししたら書きますね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone