月別アーカイブ: 2011年4月

震災後の仕事

石屋として、地震後の仕事は慌ただしかったです。
まず、3/11以降は灯篭の倒壊・過去碑の倒壊・石塔のズレなど電話が入りました。祖父や父が工事した墓地もありました。
また、他のお店で工事した墓地もありました。

共通点としてはおよそ20年以上前に建てられ、いわゆるセメント・モルタルで据え付けや目地をしているところがほとんどでした。現在の工法は弾性接着剤とエポキシ系接着剤といった接着剤や金具を用います。そういった墓地はほとんど被害がありませんでした。接着剤の効果がハッキリと見て取れました。

その後、さらに被害のひどかった伊勢崎のお友達の石屋さんへ応援に行きました。やはり群馬では東部に行けば行くほどその被害は大きなものになって行っています。
お隣の栃木や茨城では、造成地や墓地の地盤ごと裂けたり崩れたりして接着剤がどうのこうのというレベルではないようです。
いくつか写真を貼ります。

墓地倒壊

墓地倒壊

墓地倒壊2

墓地倒壊2

墓地倒壊3

墓地倒壊3

墓地倒壊4

墓地倒壊4

墓地倒壊5

墓地倒壊5

墓地倒壊6

墓地倒壊6

墓地倒壊7

墓地倒壊7

墓地倒壊8

墓地倒壊8

これらは主に栃木県の状況です。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

シーズンイン

 恒例の季節がやってきました。5月が見えてくるとイロイロ動き出します。
とは言っても地震による自粛ということで5月の地域経済団体若手チームのイベントは早々と中止が決まりましたので、若干変更があります。
 そして今夜から地域災害ボランティアの訓練が始まります。私は去年とは持ち場が変わります。
本来ならば毎年一人の新人が入団してきて新しい持ち場を得て、玉突き方式でそれまでの人員が順繰りに違う持ち場に移るよう制度が出来ていました。つまりは10人中4~5人が新しい持ち場に移り、残りの持ち場の変わらない先輩から教わるという方法をとっていたのです。
が、今年は事情があって10人中9人が新しい持ち場を受け持つという事態になりまして、役員は今までで一番苦労するのではないかとの下馬評です。
 果たして如何に。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

ポールがグニャリ

ポールがグニャリ

ポールがグニャリ

先週の土曜日の事でした。高崎にはかなり強い風が吹きました。 その結果がこの写真です。鯉幟の棹がグニャリと曲がってしまいました。

ステンレス製のポールですのでかなりしなっていたいと思われますが、仕舞うのが間に合わず。。。

息子は鯉幟が大好きで毎日眺めています。しかしこの日は手にビッショリと汗をかいてウロウロと落ちつかず見ていたとのことでした。たまらなくなったようで「じいちゃんに電話する。」と妻の携帯からかけました。

でも、話がちっともかみ合わず仕舞ってもらうことは出来ませんでした。

おじいさんは孫からの電話がうれしくて一方的に話し、孫は上手に伝えられず相槌を打つような会話だったそうです。

新しい棹が来たらまた揚げるからね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

地震

3月11日は忘れられない日になりました。
東日本大震災という未曽有の大災害に見舞われた日本。
幸いにも我が家は棚の物が少し落ちる程度の事で済みましたが、家族や家や仕事場を失った人々の心中はいかばかりかとお察しすることもできません。

ようやくブログを再開する気分になれましたので今日の再開となります。
震災からこれまでいろんな情報をネットから得ることができました。 とくに何の気無しに始めたツイッターからの情報は生々しくもあり、混乱もあり、正論もありと受け手の資質を問われるツールだと感じましたが、とにかく目を離すことが出来ませんでした。

支援に向かう有志たち、物資を集める有志たち、批判を呟く人たち、戸惑いを隠せない人たち、被災地から求められる生の呟き、放射能について調べ、安心や不安を交錯させて伝えてくれる人など、本当に何が正しいのか間違っているのかすらおぼつかなくようでした。

かなりのストレスを感じていました。特に原子力発電所の放射能については目に見えないものなので慎重に調べました。

纏まりませんが、今日はこの辺で。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone