タグ別アーカイブ: 愛・地球博

愛・地球博レポート 其の陸

愛・地球博日本ガイシパンフレット

愛・地球博日本ガイシパンフレット

ちょっとご無沙汰の万博レポートでしたが、続きです。

日立館の当日予約券をGETした私たちは、
日本ガイシのパビリオンに行きました。
事前にガイドブックを読んで、ここが何となく気になっていたのです。妻は反対していましたが、一つくらいは私のプランも取り入れてもらいたいです。

並びもせずあっという間に中に入れ、おそらく一回目のステージが始まりました。
内容は小学生の夏休みの課題レベルの水の実験でした。
静電気で落ちていく水を曲げたり、零下5℃くらいに冷やしてペットボトルに入れたものを振って瞬間的に凍らせたり、とぜんじろう先生がやりそうなものでした。
これから行く人にはあまりお勧めできないパビリオンですね。

幼稚園や小学校のお子さんがいる人は連れて行ったほうがいいかもしれませんど。

水を凍らせる実験て、ちょうどその前の水曜日に『トリビアの泉』でジンジャーエールを凍らせる。へぇ~。って見てたんですよね。

物珍しさがちっともなかった初回パビリオンでした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

愛・地球博レポート 其の伍

日立館当日予約券

日立館当日予約券

入場する際には一応、荷物検査がありました。といっても、お客さんは待っている間のストレスと順番待ちを取るたくために走りたいためほとんどあってないような荷物検査でした。
私もダッシュする準備をしていました。カバンのチャックを開けて少し見せたらOKがでました。
券を機械に通してダッシュです。

狙いは【日立館】の当日予約券です。
小走りしてみたり思いっきり走ってみたりと、係の人が走らないよう注意していましたが、オカマイなしです。

どうにか場所もわかり狙いが定まり、到着できました。

しかし、入場券がないと予約できないので妻leafの到着を待ちました。横ではドンドン人が予約マッスィ~ンの列に入っていきます。

あせりました。

ほどなく妻もやってきて列に加わりました。
予約もせずに本番待ちで並んでいる列も見る見る人が吸い込まれていきます。
予約の機械の列よりも埋まり方が早かったですね。

しばらくして予約機の順番が回ってきました。
予約するとき、入場券をかざすと自分の券の番号が読み取られ、予約確認の紙が出てくるのです。午後一時から一時半の間に予約がとれました。

ホッと一息です。
さて、何かユックリ並びますか。。。

ふと、本番待ちの列を見ると最後尾に待ち時間の看板を持った係員がいました。

なんと!!4時間待ちです。

たまげました。

会場10分で4時間待ちです。恐るべし愛知万博。恐るべし日立。
ちなみに当日予約の列も10分で締め切りでした。
恐るべし愛知万博。『今日は月曜だぜ。』
行った日は月曜日でした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

愛・地球博レポート 其の肆

愛・地球博入場券

愛・地球博入場券

入場券です。これにとて~も小さなICチップが入っているそうです。
透かしてみると確かに何か入ってます。中心に線状の何かが。その中央に更に何かが。。
チケット代金は4,600円でした。前売りは割引があったようです。しかし残念ながらそれを買うほど愛知万博の知識がありませんでした。

入場券を電車に乗るときのように機械に通して入ります。
写真の券には小さな穴が開いています。ちなみに愛知万博の認知度は44%しかなかったそうです。
PR不足は否めませんね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

愛・地球博レポート 其の参

愛・地球博入場門

愛・地球博入場門

さて、本番の万博についてです。

その日は朝5時に目覚ましをセットして起きました。かなり早起きです。

しかし、用意を終えて6時前にはホテルを出発できました。自動車で藤ヶ丘駅に向かいます。この駅からリニモが出ています。友達が教えてくれた方法をとりました。実はその友達はこの前々日に万博に来ていました。
同じルートで行ったと思われ…。

さすがのリニモです。静かです。
レールに乗っていないので『ガタンゴトン』という電車の揺れはありません。ブレーキをかけた感じやカーブの感覚は同じようでしたが、とにかく静かでした。

万博会場駅に着いて【北ゲート】に向かいます。

しかし、既に行列です。

30分ほどしてから今度は入場ゲートの前まで通れるようになりました。

走っている人がいました。

あぶない、あぶない。

そのゲート前で本格的に開場待ちです。およそ2時間の待ち時間でしたがガイドを読んだり、人間ウォッチングして割りと早く過ぎた気がします。
二組前の家族は、女の子がお母さんの出す算数の問題を解いていました。お勉強していたのです。中学校でも受験するのかな?なんて。。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

愛・地球博レポート 其の弐

つくねとビール

つくねとビール

夕方になって、ホテルのチェックインを済ませてから夕食の店を探しました。ロビーに設置してあったパソコンが自由に使えたのでヤフーで見つけました。

ホテルからも近いし、まあまあ良さそうな内観写真でした。

その名も『AJITO つくね家』です。

ズバリ、感想は「塩が美味しい!!」です。

飲み物を注文した後すかさず私が居酒屋に行ったときのの定番である【チャンジャ】をお願いしようとしたところ、「まずは、ツクネを食べていただきます。」と言われました。

妻leafと相談して月見味噌をお願いすることにしました。

程なくしてテーブルに並びました。
最初に食べたを食べた感想がです。

その後も適当に注文して美味しい名古屋の夜は更けていきましたとさ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

愛・地球博レポート 其の壱

エビフライ定食

エビフライ定食

日曜の朝に出発し二日かけて『愛・地球博』に行ってきました。
初日は移動に使い、名古屋の町を少し散策です。
ちょうどお昼少し過ぎたくらいに到着できました。
それでも約5時間の運転です。
せっかく名古屋まで来たので名物を食べてみました。

【エビフライ】です。
ホテル近くにあった《ラシック》というデパートの七階にあった《まるは》というお店に決めました。

ボリュームと味に満足です。
大きなエビでした。大きなエビでした。窓からの名古屋の眺めも、なかなか素敵でした。

ちょうど『名古屋まつり』の期間と重なったようで大勢の人が歩いていました。山車も出ていて少し得したようでした。渋滞したけど…。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone