お墓について

なぜお墓を石でつくるのか?

お墓を石でつくることについては諸説あります 古事記に書かれている神話のイザナギノミコトとイザナミノミコトが生死を別つ【千引石】(ちびきのいわ)より 石の耐久性(使用年限に対するコストパフォーマンスの高さ) 平安時代に仏教 […]

お墓の値段や費用は?

お墓にかかる費用は 墓地の永代使用権取得費 墓所の建設費 墓地の維持費 この三つに大まかに分けることができると思います。 1.の墓地の永代使用権取得費については 公共の霊園 (前橋市営嶺公園墓地の場合 25~90万円) […]

石塔が出来るまでの流れ

こちらの流れのなかには法事やお布施などの行事、費用については触れていませんが、それぞれの宗教により墓地建設にかかる慣習がある場合もございますので充分にご確認ください。 ご来店または訪問 お電話いただければ伺います。 ↓ […]

お墓はいつ建てるのか?

お墓を建てる時期についての法律や決まりはありません。 節目の法要に合わせるようにお墓を建てることが多くみうけられます。 仏式・神式・キリスト式でも似通った頻度で死者を弔う行事がありそれに合わせて建墓することが多いです。 […]

お墓の掃除の仕方は?

大量の水とスポンジで磨くという単純作業です。 洗剤の使用はお薦めいたしません。 イメージで近いのは洗車です。まずは、水をかけ、汚れをやや湿らせ石表面から薄利し易い状態にします。 そこでスポンジやタオル・雑巾でこすります。 […]

墓石に彫る文字は?

お施主様のご希望をそのままお伝えください。 ○○家之墓、○○家、先祖代々之墓、やすらぎ、空、和、進、心、無、飛翔、翔、夢、想、希望、ありがとう、諸行無常、偲、など このほかにも様々な思いで文字を彫刻されています。墓地の後 […]

お墓の引越し・移転

近年、お墓の移設についてお問い合わせいただくことがあります。 先祖のお墓があった場所から違う場所に住まいをし、その近くに墓地を設けたい。 または夫婦両家の墓地を一緒にし、片方の墓地を引っ越したい。 など理由は様々です。 […]

燈籠を置くのはなぜ?

灯篭は献灯として仏前に灯りを供えるものとして、飛鳥時代に仏教と共に中国から伝来したものと言われています。 その後、橋の脇や灯台の常夜灯として使われるようになりました。 現在では観賞や装飾としての意味合いが強くなり実際に火 […]

石塔の主な構成

棹石 【○○家之墓】と文字を彫ることが多いですが、お戒名(夫婦墓)やご供養の文言を彫刻もします。 上台 家紋を彫刻することもあります。 中台 最も大きな石です。棹・上台・中台までを一般的に三段墓と言います。 芝台 元々は […]

五輪塔の構成

五輪塔は主に供養塔や墓塔として建てられます。 その形は上から空・風・火・水・地の五大を表し、この五大が宇宙にある一切の物質を構成するという密教の五大思想に基づいて形作られています。 日本では平安時代後期頃から建てられてい […]

お墓の部品の名前

棹石 石塔の本体となるお墓の象徴的な石です。家名や先祖代々の墓などの文字を彫ります。 蓮華(上蓮華) 蓮華の花弁を象った台石です。仏像が蓮華台に座っていることに倣っています。 寸輪 お坊さんが座ってお経をあげるときの座布 […]

お墓に関わる法律

墓地、埋葬等に関する法律 第一章 総則 第一条  この法律は、墓地、納骨堂又は火葬場の管理及び埋葬等が、国民の宗教的感情に適合し、且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的とする。 第二条  この […]

お墓の一坪

通説として霊園・墓地の一坪は3尺四方(90.9センチ×90.9センチ)と言われております。たたみ半畳分の広さです。 通常の不動産としての土地や建物での一坪は6尺四方(181.8センチ×181.8センチ)なので、墓地の一坪 […]

お墓の相続について

お墓や仏壇・祭壇などを民法では【祭祀さいし財産】といって相続の対象となる遺産(お金や土地など)とは別とされています。 もし相続人の間で分割すると祖先の祭祀をするにあたって不都合が出るためです。この【祭祀財産】の継承者は被 […]
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone