月別アーカイブ: 2006年5月

お誕生日会に参加 その1

1977誕生会

1977誕生会

mixiのいわゆるオフ会というものに参加してきました。
一人も知っている人がいない、完全な初体験でした。

しかも場所は『花の都大東京 眠らない街 新宿』です。
かなりビビリながら各駅停車の電車に揺られて行きました。電車なんてめったに乗らないので、田舎モンに見られないよう、足を組んだり堂々と寝たふりをしながらのミニ旅行です。

そして、一人でのプライベートな行動はいつ振りでしょう?なんだか新鮮。

予定通りの時刻、新宿駅についたら外は雨です。傘を持っていなかったので少し濡れましたが、ここは男らしく我慢しました。
集合場所の東口に出ると傘をさした人でごった返しています。
毎日がカーニバル『眠らない街 Shinjuku』

大きなテレビは『笑っていいとも』でもおなじみのアルタでしょうか。
わかりやすいようボードを持って、集合係に立候補してくれたチナさんがいるはずなのですが見当たりません。

二度ほど電話をかけてようやくたどり着けました。
傘が視界をさえぎると共に、人の多さと慣れない土地にまたまたビビル俺。。

すでに二人の参加者が集合していました。ヒデ塚さんよしさんでした。
私も「あ、こんちは。ナガコウで登録してます。ヨロシクお願いします。」とご挨拶。
やはりこういう場所ではネット上の名前を使うのが当たり前のようです。違和感は拭えませんが、慣れかな。

その後、いのがみさんりょうさんmasatoさんが到着してお店へ出発です。

距離的にはおそらく500mも歩いていないと思いますが、見失わないように一生懸命ついていきました。はぐれたらココで終わってしまうからです。
迷子なんて嫌ですから。

ほどなくして、かの有名なコマ劇場がみえてきました。ここでビビグロさんがお出迎えしてくれました。
お店はコマ劇場からすぐのところでした。

中には幹事のかぶきさんと名札製作担当のミクナクさんが待っていました。

会費を払って、名札をもらって着席です。
しかし、それは不思議な光景です。

同じ年の同じ月に生まれた同じ年の男女十数人が同じ場所でお互いのお誕生日を祝いあう。

去年も開催されたとのことで、何人かのメンバーでは「久しぶり。」って感じの挨拶が交わされていました。

うぅ~ん。ウラヤマシイです。出来れば来年も来たい。

乾杯が終わり、一言ずつ自己紹介をしていきました。
『ナガコウです。7月にはパパになります。ヨロシクお願いします。』
すると拍手いただきまして、恐縮です。
この時点で自分を『ナガコウです。』ということに抵抗をあまり感じなくなりました。すでに慣れたのか?俺?)

こうやってお誕生会in『眠らない街 Shinjuku』は幕を開けたのでした。
分けて書きます。
もっと写真も載せたいし。。。
しかし、この週はよく動きました。
一度もアパートで夕食を食べなかったぜ。
妻にも泣かれました。ホントに。
ゴメンネ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

高校バトン

まったく同じ日に生まれたmixiでお友達の朝来.さんからいただきました、高校バトンです。
ではどうぞ。

◇高校バトン◇

1.高校名はなんですか?

 県立前橋工業高校建築科です。

あまり学校らしからぬ雰囲気があり、伸び伸びとしていました。人間としてのわりと大人扱いしてくれる先生が多く、自由だった。

2.この高校に入るためにしたことは?

 何もしませんでした。受験した。という行動くらいです。

3.制服は?

 黒い学ランでした。
短くしたり、太くしたりしてアレンジしている人も多かったです。
私の普段着は黒い学生ズボンにジャージジャージの上着とか冬はウィンドブレーカーとか過ごしやすいものが基本ラインでした。
 

4.何で通ってた?

 自転車です。行きは下り坂で15分。帰りは上り坂で45分てトコですね。
ちなみに左折と右折を一回ずつすればOKでした。

5.部活はしてましたか?

 空手道部でした。三年次にはキャプテンもさせられました。
これがあったからその後の進路なども決まったような感じです。大きく言えばこれが無ければ今の嫁とも出会えなかったはず。。。
 

6.バイトはしてましたか?

 そんなズラァねぇよ。
(あ、群馬バトンじゃなかったね。)

7. 1番好きだった先生は?

 とくに好き嫌いは無かったけど、ヤッパリ二・三年次の担任の先生と部活の顧問の先生には感謝がイッパイです。

  
8.1番好きだった教科は?

 とくに好き嫌いはなかったけど、ヤッパリ自由時間のような建築系の実習とかかなぁ。 

9.1番好きだった場所は?

 あえて言うなら部室かな。自分のスペースがあったからね。
 でも、教室のベランダとか建築科のみの職員室なんかもイイトコだったかも。

10.1年生の時の思い出は?

 入部してしばらくしてからギッチリしめられた。
 テレビの世界の話だけかと思ってたら、わが身に降りかかる悪夢に。。
 痛かったなぁ。誰もが通る道らしく、気に入らないからとかじゃないよ。

11.2年生の時の思い出はあります?

 けっこう、部活で試合に出られるようになってよかったかも。
クラブなんかにも、たま~に連れてってもらって、夜の遊びの入り口を少しだけ見た。

12.3年生の時の思い出はなんでっか?

 部活で最後の試合とか、進路とかタバコ吸ってみたりカラオケに始めていったり、何かこのとき初めて高校生らしいことをしてみた。 って感じ。
 今思えば、自転車に女の子と二人乗りしてみたかったなぁ。(後悔あり)

13.高校の時のマイブームは?

 授業中に【北斗の拳】に夢中。

 
14.高校時代の友人に一言!

 もうすぐパパです。

15.このバトンを回す人。(7人)
 ドラセナさん
 コジロウさん
 まなてぃさん
 た~たんさん
 梅ギャル汚さん
 みね先生さん
 ゆうさん

お時間あったらヨロシクね。
この7人にはぜひ聞きたい。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

地下足袋フェチ

このブログにはアクセス解析を一応、付けています。

昨日

《地下足袋 フェチ》

と検索してたどり着いていただいた方がいたようです。。。

その方に充分楽しんでいただけた自信はないのですが、閲覧ありがとうございます。
心から感謝申し上げます。
もし、もう一度ご覧いただくことがありましたら是非コメントお願いします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

群馬バトン

mixiで同級生のつっぴぃさんからいただきました。我らが群馬のバトンです。
県外の方は県民性の違いなどお楽しみください。
ちなみに普段私が使っている言葉で答えています。

●始業の挨拶は『起立・きょうつけ・礼』ではなく、『起立・注目・礼』である。
そのとおり!!何か文句ある?

●上毛カルタをすべて暗記している。
あたりめーだよ。たまにゃぁ、つっかえるけど。

 
●標準語を話していると 信じて疑わない。
高校の頃からその自信は揺らぎ始めたかなぁ。

●浅草は群馬県の玄関口だと思っている。
そうなん??誰だ?そんなこと言うヤツァ?高崎だんべ。

 
●行事が決行される合図に空砲が鳴るのは当たり前だと思っている。
普通だろ。あ、今日は何かやってらぁ。って気分だいね。

 
●18歳になったとき、速攻で車の免許を取った。
本間くんの親父さんが勧誘に来たよ。一度も遅れることなく取ってやったぜ。

●贈答品は、高島屋より、西武より、何より「スズラン」がありがたみがある。
ありがたみより郷土愛だね。ヤッパ、高島屋の包み紙が印籠なんじゃない?

●正月恒例実業団駅伝の応援に行ったことがある。
ね~よ。さみぃんだから家でテレビ見ようぜ。8で、お笑い。

●「ベイシア」は「いせや」と呼ぶほうがしっくりくる。
いや、そこまで年寄りじゃないから。

●教室の机が並んでる列を「川」と表現するのは全国的なものだと思っていた。
言わねぇんかい?何つってるん?

●話の語尾を「なんさ~」と付けるのが方言だと言う事を知らなかった。
高校に入ってから教わったよ。一瞬クラッっとしたんさ~。

●コンビニといったらセーブオンだ。
んな、わけね~よ。王者セブン様だろう。あんまり寄らないけどさ。

●北関東と言っても、「栃木・茨城と一緒にしないで欲しい」と実は思っている。
そんなに身の程知らずじゃね~よ。むしろ向こうさんのほうにそう思われてるんじゃないかと心配。。。

 
●運動会の組分けは、赤城(赤)、榛名(青)、妙義(黄)、浅間(白)の4つが基本である。
赤城(赤)、榛名(黄)、妙義(緑)。 さらに人数が多かったときは浅間(白)があったと聞きました。

●焼き饅頭を愛している。
オレ、きれ~なんさ。実は。。。ゴメン。。

 
●会話に詰まっても「あーね」と言っておけばどうにかなる。 相槌だろう。
嫌がる人もいるらしいけど、会ったことはない。

●FMラジオと言えば86.3メガヘルツ。
昼間、聞けるときはね。さすらいのドリブラーとか。
朝は東京FMの七尾藍佳のアイズオンジャパンを少々。
ヤツァすげ~よ。

 
●『力合わせる・・・』の次に『190万!』と言う人と『200万!』と言う人で上毛カルタの世代が分かれる。
だいたい、夏休みのカルタの練習で「あれ?これは180万だっけ?190万だっけ?……あ、200万か。ハイ、200万ん~~。」という読み手の会話が交わされるよね。ちなみにその読み札には160万と書いてある。(いつ買ったの?)

あれ?ウチだけかい?

●旅先で群馬発祥のヤマダ電機とセキチューを見ると、妙に感慨深い
ヤマデンはもう何とも思わないね。デケーもん。
でもセキチューがドド~ンと建っていると、「セキチューもやるなぁ。」と感心するね。

●病院で治療費を精算すると「お大事なさい」と言われる。
言う言う。

●コンサートといえば、県民会館か群馬音楽センター。
いや、あんまり行ったことないな。でも、最初に行ったのは県民会館だったよ。
小5のとき【南野陽子】を観にいった。

●文真堂書店やファミリーブックのブックカバーの本を読んでいる人を見ると微笑ましくなる。
いや、何とも思わない。

 
●「草津」の発音は「つ」ではなく絶対に「づ」である。
そうなん?そうかも。。

 
●群馬のキャラクター「ぐんまちゃん」のネーミングは安直過ぎると思う。
いいんじゃね。わかり易いし。。

●かつどんといえば、ソースカツどんしか頭に思い浮かばない。
いや、卵とじのほうで。。
学生時代住んでいた福井でもソースカツ丼発祥の店があったぜ。
どっちでもいいけど、当時は納得していた。

●NHKなどの「前橋」の発音に違和感をおぼえる。
あれには一言いいたい。
一気に【まえばし】だんべ。
音声で確認したい方はこちらをどうぞ!!

●花に水をあげたりするとき「水くれ」と言うことがある。
他んとこじゃぁ言わねぇんかい?

 
●「群馬のお勧めのお土産は?」と聞かれると、答えにつまる。
ま、まぁな。妙見饅頭じゃダメ?

●ブッチホンを受けることができなかったのが、心残りである。
そこまででも。ブッチホンって、故小渕氏からの電話だよね。(つっぴぃさんのコメント)

へぇ、そんな生電話があったんだ。知らなかった。
でも、去年の暮れに親父の携帯にヤッスホンは来たぜ。親父もビビッてたけど。。

●讃岐うどんよりも水沢うどんの方がうまいと思っている。
食べたいね。讃岐まで行って。香川だっけ?
オレのうったうどんも食べてみて。

 
●県外に出ると、必ず「水がまずい」と言う。
都市の水はだいたいまじぃんね。というか変な味がする。

●次にまわす5人☆
今回は、特に指定しません。
でも我こそは群馬を愛する200万県民の一人だ!!というアナタ。
どうぞ、受け取ってください。
やはりカルタ大会があるせいか、どうしても群馬県民は地元を愛する心が強いようにも感じます。
県外から引っ越してきた人にも何人か、そのようなことを聞いたことがあります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

今夜は外でお食事

お友達のクミさんと妻leafと私で市内のお店で食事してきました。その名も【モーリス】です。
3000円のコースで頼んでみました。

ロースとビーフのサラダ

ロースとビーフのサラダ

こちらは本日の前菜としてローストビーフのサラダでした。
お肉が美味しいです。
バルサミコ酢がかかっていましたが、こんなに味があるものとは知りませんでした。今度、スーパーで買って来よう。
バンバンジーで使っても良いんじゃないかな。と想像してみます。

パスタ

パスタ

これはパスタです。もっとガッチリ出すのかと思いきや、ちょっとおつまみ程度でお腹には優しい。
私はもう少し欲しかったです。

舌平目のソテー

舌平目のソテー

そして、これは妻とクミさんが頼んだ魚料理です。舌平目のソテーだそうです。一口もらいましたが、結構濃厚な味付けでした。

サーロインステーキ

サーロインステーキ

これは私が頼んだお肉料理です。サーロインステーキですがスプーンに乗っているのは岩塩だそうです。「お好みでどうぞ。」なんて言われて、少し怯みました。

デザート

デザート

最後のデザートは無難に美味しく締めくくりを飾ってくれました。
真ん中のジュレに入っていたフルーツが謎のままです。何だったんだろう?
クミさん曰く『杏』だそうです。

建物や外観はとても豪華で入る前、少しドキドキしましたがリッチな気分でご飯が食べられて満足しました。たまにはイイね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

新築祝い

Kくん

Kくん

新築祝いに行ってきました。以前、勤めていた会社の先輩で私に社会人としての常識や仕事の運び方、お酒の飲み方など基本的なことを教えてくれた大変にお世話になった先輩の新築祝いです。

しかも、二軒続けて。

二人ともたまたまご近所に住むことになり、もともと所属部署も同じということで今回は2ラウンド制のお祝いです。

写真は一軒めのA先輩のお子さんでKくんです。
S先輩のYちゃんの写真は酔いが回ってしまい、撮り損ねました。残念。。。すでに男前度で完敗です。恐るべし美男美女夫婦のDNAです。
ハッキリと「お前より完全にKくんの方がかっこいいよ。」と言われました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

筍のラー油炒め

筍をもらいましたので、今回は自分で調理してみます。
何年か前に空手の先生から教わったラー油炒めに挑戦です。この食べ方で筍が本当に好きになりました。
ビールまたはご飯のお供にサイコーの逸品です。

筍のラー油炒め1

筍のラー油炒め1

一度下茹でした筍をもう一度洗う意味で茹でます。
(一度、沸騰したらOKです。)

筍のラー油炒め2

筍のラー油炒め2

タップリのダシの素と塩少々、そしてお酒で煮詰めていきます。
(お酒はヒタヒタにダシの素を溶かしながら混ぜ混ぜしてね。)

筍のラー油炒め3

筍のラー油炒め3

たいぶ煮詰まってきました。水分がほとんどなくなるまで煮詰めます。

この後、ごま油を筍の半分くらいとラー油を一瓶、そして豆板醤で味付けして炒めていきます。(ここから10分くらいかな。)

マジで美味しいからぜひ試してみてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

はなうらない~運命か partⅡ~

シロツメクサ

シロツメクサ

greeでお友達の玉村麦次郎さんの日記から頂いてきました、【はなうらない】です。

麦次郎さんは運命を感じていましたが、私も少し感じてしまいました。出来過ぎクンだよ。

あなたの心に咲いている花は
シロツメクサ(クローバー)です!
<花言葉 約束、思い出して>
■コメント
あなたの心の奥に咲いている花はシロツメクサです。
子供の頃、誰でも必ず一度はシロツメクサを編んで遊んだり四葉のクローバーを探したりした事があるでしょう!
また、春の日に一面シロツメクサのジュウタンの上で昼寝をするとぽかぽかと気持ち良くてとても居心地がいいようにあなたはそんなシロツメクサのような親しみ易い誰とでも仲良くなれるタイプの人です。
どうぞこれからも心の中のシロツメクサをたくさん育んで今よりも、もっと多くの友達を作っていってそして、自らも心の中の四葉のクローバーで幸運をつかんでくださいね!
(あなたの心の中の三つ葉のクローバーよ、すべて四葉になあれ!)

■シロツメクサにまつわる豆知識、エピソード
一般的に、四葉のクローバーは遺伝子の何らかの異常による変種だと考えられています。
したがってクローバーがたくさんある場所の中でも、踏みつけられたり人がよく通る場所に生えているクローバーは四葉になり易いそうです。
昔から四葉である事は幸福の象徴で非常に良い事とされています。人間の世界でも他の人と違う事は個性という名で良い事と思われていますが、他人と違うという事はそれなりにしんどい事でもあります。
他人より多くを悩み苦しみそして努力しなければなりません。それを乗り越える事が出来た人だけ人の世界でも四葉になれるのではないのでしょうか。ちょっと寒いよね。サムイ。。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

カフェインゼロ

カフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒー

こちらは先日、某アカチャン用品量販店で買ってきた【カフェインレスコーヒー】です。

妊婦はあまりカフェインを摂らないよう、医師より指導されますが妻はコーヒーが大好きで、妊娠する前は毎日飲んでいました。
でも、病院で正式に妊娠を告げられる少し前から量が減ったので、体が自然に避けるようになっていたのかもしれません。

最近は少し飲みたくなってきたようでこの商品を毎朝、牛乳に溶かして飲んでいます。
ちなみに私はコーヒーが苦手だったのですが、つられて飲むようになり美味しさが少しわかった気がしています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone