月別アーカイブ: 2006年7月

弱音

昨晩は、赤ん坊が特にグズりました。夜中の授乳の時間がやけに長く、泣き声も大きかったです。軽く泣いたときくらいはスルーして妻に任せて寝かせてもらっていましたが昨夜は3回もバッチリ目が覚めてしまいました。
かなり眠いです。
そして、若干熱っぽいです。

毎晩、毎晩充分には寝られないのでそろそろ自分がまいってきているようです。

今日は、アパートに帰ってユックリ寝よう。そうしよう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

天使の微笑

子供が笑うようになりました。
頬をニッとあげて目が少し垂れるような感じです。

何を思って笑っているのかわかりませんが。。。

しかし、育児手帳の欄外の一言アドバイスにこれに関することが書かれていました。

これは、【天使の微笑】といわれている新生児反射のひとつだそうで、笑っているように見えるものなのだそうです。

でも、見ている側からすれば思わず嬉しくなります。
赤ちゃんもヤリ手です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

沐浴

夕方、2度ほど子供を沐浴させました。

左手で首の後辺りを持って、両耳を指で塞ぎます。
右手で泡をつけて、体を滑らせるように撫でるというか洗います。

子供はギャン泣きです。

いつもは静かで、乳が欲しいときもなかなか大声で泣きませんがこのときばかりは可哀想になるくらい泣きます。

お湯が怖いのか。

耳を塞いでいる指の圧力が大きすぎるのか。

首が痛いのか。

喋らないのでわかりません。
痛いのだけは可哀想なのでそうでないことを願います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

今は妻より

どちらに似ているか、検証してみました。
今のところ【妻寄り】です。

leaf誕生写真

leaf誕生写真

こちらが妻leafの生まれたときの写真です。

ナガコウ誕生写真

ナガコウ誕生写真

そして、こちらが私ナガコウの生まれたときの写真です。

ナガオー誕生写真

ナガオー誕生写真

そして、こちらがこの前撮影した我が子の写真です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

初、松屋

妻の入院中3日ほど私も病院に泊まりました。一日目はお酒を飲んで帰って、かなり怒られました。
ですので、次の日はleafママにスーパーでお寿司を買ってきてもらいました。(でも、予防策なのかleafがママに電話で頼んでくれたのですが。。)

三日目は駅前をプラプラして、お酒無しで食べられそうなお店を探しました。
日曜の夜と時間帯もあってか、なかなかイイ感じのお店が見つかりませんでした。

そんな中ふと、目に留まったのは牛めしの『松屋』です。

吉野家とすき家は入ったことがありますが、松屋は初めてです。
緊張を隠しつつも入店。
食券を買うシステムのようです。

パパッと見渡して、ハッシュドビーフライス味噌汁付きと生野菜サラダの券を購入して適当な場所に腰掛けました。

すぐにお茶を出してもらえ、そのまま食券を渡しました。

すると、程なくハッシュドビーフライスと味噌汁と生野菜が出されました。そして、傍らには〈生卵〉???

「これ、ここに掛けるんですか?」と店員さんに質問してみました。
わりと年配の店員さんも口ごもる様子。。

なぜだ???

はたして、私は世の中の流れに乗れないカントリーボーイの称号をいつの間にか手に入れてしまっていたのだろうか?

と一瞬困りました。

すると、奥から若そうなバイトの店員さんが出てきて、こう言いました。
「お客様、もしかして間違われて食券をお求めになったみたいですね。こちらの食券は生卵つきなので、もしよろしれば生野菜のみのご注文ということにして差額の40円をお返ししますが、いかがいたしますか?」と。

どうやら、わたしは、牛丼に併せるべき券を買ってしまっていたようです。

そして、さらにそのバイトクンはこうも言いました。
「○○さん(年配の店員さん)、コーンの乗ってないサラダ出しちゃダメでしょ。取り替えてくださいね。」と。

ちょっとビビリました。
明らかに年下の彼はその場のキャプテンだったのです。
そして、年配の店員さんはまだ不慣れな新人さんだったのです。

お客さんへの対応と、新人さんへの指導。
かなりの松屋マスターです。
「いろいろあったんだろうなぁ。○○さん。」

そんな事があっても、ハッシュドビーフライス味噌汁付きと生野菜は美味しくお腹に収まりました。

世の中の現実を肌で感じた夕食タイムでした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

退院

本日、退院しました。一応、母子共に揃って退院です。
若干、妻は熱がありますが、それは乳が張っているせいだろうということでOKでした。
子供も黄疸が強めですが、範囲内だとの診断でした。
やれやれです。

これからは、周りも巻き込みつつ二人で子育て頑張ります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

母乳

ようやく妻leafの乳が出始めました。
昨日の午前中にいわゆる【ゴッドハンド】をもっている、お年寄りの乳マッサージの人に揉んでもらってから明らかに変わりました。

「珍しいくらい出ないねぇ。」と言われたそうです。

でも、その後乳が張り始めて熱を持つようになりました。そして痛みまで出るようになってきたのです。
どれくらい母乳が出たか調べる方法が意外と原始的でした。

赤ちゃんの体重を飲む前と飲んだあとで量るという理科の実験みたいな方法でした。

最初は4グラム、次は6グラム、そして14グラムと回を重ねるごとに増えていきました。
今くらいの赤ちゃんは一回で30~40グラム(ミリリットル)のミルクを飲みます。
なので、足りない分は溶かしたミルクを哺乳瓶で飲ませます。

夜になるともっと乳が張ってきて、看護師さんに絞ってもらっていました。その絞った母乳も冷蔵庫に保管します。
だいたい3時間以内ならば湯煎して飲めるそうです。

23時頃の授乳では、母乳と絞ったストックで39グラムまで飲ませることができました。

恐るべし【ゴッドハンド】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

夜も一緒

自然堂メニュー

自然堂メニュー

昨日、今日と病院に泊まってみます。
昨晩は、夕ご飯を前々から行きたかった焼き鳥メインのお店にプラリと行ってみました。一人で祝杯です。
その後、これまた検診などで連れ添ったときに気になっていた、病院の隣にあるバーに寄ってから部屋に戻りました。

かな~り怒られました。

今夜は出掛けず、病室で子供を寝かし付ける練習です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone