月別アーカイブ: 2011年8月

平成23年度群馬県総合防災訓練に参加します

9/10(土)に行われる群馬県総合防災訓練に参加することになりました。
今度の木曜の夜の練習と9/3にリハーサルをやって本番だそうです。まだ流動的な要素もあるそうですが、大きな訓練だそうです。
一般の方の見学も可能ですので、ぜひご来場ください。
1 目的
群馬県と高崎市は、災害対策基本法第48条の規定に基づき、防災関係機関との密接な連携・協力のもとに総合的な防災訓練を共同で実施いたします。この訓練は、防災関係機関の責任の自覚と技術の向上、並びに防災に対する県民の理解と意識の高揚を図り、もって本県の防災体制の強化に資することを目的としています。
2 主催
群馬県・高崎市
3 実施日時
平成23年9月10日(土)(雨天決行、但し災害発生時・気象警報発表時等は中止)
統監巡閲・開会式 8時20分~8時40分
訓練 開始8時50分~終了12時15分
閉会式  12時15分~12時30分
全体終了 13時00分(イベント・展示ブース終了)
4 実施場所
○訓練会場  高崎操車場跡地周辺土地区画整理事業地内(高崎市下之城町)
○パネル展示会場  高崎市産業創造館(高崎市下之城町:訓練会場西側)
5 参加機関等(計83機関・団体を予定)
陸上自衛隊第12旅団、群馬県警察本部、高崎市等広域消防局ほか各消防機関、国土交通省高崎河川国道事務所、日本赤十字社群馬県支部、株式会社NTT東日本群馬支店、東京電力株式会社群馬支店、ラジオ高崎、エフエム群馬、自主防災組織、住民ボランティア、群馬県、高崎市 等
6 参加人員等
(1)参加人員 約1,000人
(2)参加車両等
○車両約200台
○ヘリコプター6機 防災ヘリはるな、県警ヘリあかぎ、自衛隊ヘリ(CH・OH)、ドクターヘリ、赤十字飛行隊ヘリ
7 訓練項目
(1)震災・水害訓練
(1)警戒広報、(2)災害時要援護者等避難誘導、(3)航空被害調査、(4)災害情報収集、(5)災害時孤立地域からの救助、(6)映像伝送、(7)土砂災害救出・救助、(8)応急用無線局開設、(9)ボランティア受入、(10)一般見学者体験型訓練(消火)、(11)倒壊建物及び中層建物救出・救助、(12)高層建物救出・救助及びドクターヘリによる救急医療、(13)高層建物消火、(14)林野火災対応、(15)道路・ライフライン応急復旧、
以下は、地域住民主体の参加型訓練
(16)避難、(17)地域住民による災害時要援護者等避難誘導、(18)災害対応、(19)避難所開設支援
(2)テロ対策訓練
(20)有害物質散布テロ対処

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

これがギックリ腰なのか?

昨日、仕事で重いものを持ちました。雨だったので、注意して持ちましたが左の腰がピキっときました。
一連の作業は終えて帰宅しましたが、気のせいにしようと思っていましたが痛みがだんだん確実なものになってきます。動けないわけじゃないし歩けもしますが、かがむことが困難でした。
床に落ちたものを拾うのにも腰を曲げると痛むので、膝を折って足を割ってちょっとだけ首を曲げて拾うといった動作になってしました。子供を抱くときもある程度高いところまで昇ってもらってからなら抱き上げられるのですが、腰をかがめて抱き上げることができません。
今朝は、妻leafが通った接骨院に行ってきました。施術してもらってだいぶ楽にはなりましたが、やはり時間が経つとピリピリします。左側の背中の筋肉が張っているのが自分でよくわかります。
軽めのぎっくり腰だと、認識していますがどうなんだろう?
接骨の先生によると骨盤のなかに左足の間接が少し埋まっていて引っ張っても出てこない。という表現をしてくれました。左足が若干短くなってしまっているようで、バランスが崩れているものと思われます。
何度か「エイッ!」って感じで足を曲げて体を捻って上から押すという動作をしてマッサージしてもらい、補助テープと湿布を張ってもらって帰りました。
明日の朝も行ってこよう。雨だろうし。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

二語を操る

娘のナガEがいつの間にか二語を話すようになりました。
主に、「おーたん、いな~い。」とナガオーの所在を探したりする場合に使っているようです。
兄に付いていきたい。兄と同じことがしたい。という気持ちはなかなか強かなものを感じます。
ちなみにナガオーが二語を操るようになった記事はコチラ
ナガEは兄ナガオーと言葉の発達が違います。ナガオーはあまり通じない言葉を使いませんでしたし、通じにくくても近い言葉を話していました。
しかし、ナガEは意味と発音が遠く離れていて、何を言っているのか理解するのに若干時間がかかります。でも同じように離れた言葉を使うので、「あ、あれはこれのことだな。」とか、「こう言い換えるか~。なんて聞こえてるのかな。」なんて思いながら理解しています。
同じ親から生まれた子供でも育った環境の違いなのか、生まれ持ったものの違いなのか。面白いです。これからも楽しみに観察したいと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone