月別アーカイブ: 2015年1月

箱作成

箱を作りました。今回はステンシルにも挑戦してみました。
この箱は工事の際、土や砕石、コンクリート瓦礫などの運搬に使います。

箱組み立て

箱組み立て

箱塗装後

箱塗装後

長沼石材店ステンシル

長沼石材店ステンシル

箱完成

箱完成

箱ステンシル部

箱ステンシル部

長沼石材店ステンシルスプレー後

長沼石材店ステンシルスプレー後

ステンシルについてはロゴをプリントしてラミネートしてデザインカッターで切り抜いて作った簡易的なものですが、充分スプレーできました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

忠霊塔2

現在の金古町忠霊塔を撮影してきました。

忠霊塔2

忠霊塔2

忠霊塔3

忠霊塔3

忠霊塔4

忠霊塔4

書には松岡忠治
刻には長沼正志とあります。

松岡先生は書道の先生でした。たくさんの生徒さんがいて、私も習いに行っていました。恥ずかしいことにあまり字は上手くありません。

また当時、祖父は「長沼正志」という字使っていたことがあるようです。本名では「正止」と書きますがなかなか読んでもらえない経験があったそうでそういう時期があったそうです。

忠霊塔書刻

忠霊塔書刻

建立者は「昭和三十年三月三十一日 群馬郡金古町」とあります。
「群馬郡群馬町」になる昭和の大合併より前の時期のものだとわかります。

忠霊塔建立者年月日

忠霊塔建立者年月日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

忠霊塔

忠霊塔

忠霊塔

高崎市金古公民館(群馬県高崎市金古町1278−2)の隣に戦没者の慰霊のするための忠霊塔があります。建設当時の写真が見つかりました。今では桜が覆い茂っていますが、当時は回りが畑だった様子がうかがえます。

グーグルストリートビューで少しだけ道路から見えました。

忠霊塔ストリートビュー

忠霊塔ストリートビュー

忠霊塔ストリートビュー

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone

仕事初めは道具焼きから

道具焼き

道具焼き

新年最初の仕事は恒例の道具焼きから始めます。かつては、職人さんが毎朝の日課として行っていたそうですが、金属の発達とともにそれほど頻繁にしなくてもよくなった作業です。

しかし当店では手道具の微調整や修理、または平鑿の作成などで年に一度行っております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInShare on TumblrPrint this pageEmail this to someone